さかたの夏野菜汁レシピ

f0216051_17131741.jpg



9月例会~おいしい酒田フェスティバル~で

我々が提案した夏汁「さかたの夏野菜汁」のレシピを紹介します。

暑い夏にホットなカレーで汗をかき、身体の代謝を良くします。
ビタミン・カロチンなど栄養たっぷりな夏野菜とタウリンが豊富で
疲労回復にも効果あるイカで夏バテしない身体づくりをめざそう!


・・・といってももう秋で
いも煮が恋しい季節になってきましたが

気を取り直して行きましょう。

さてレシピは5人前です。

<材料>
トマト 2個
パプリカ 2個
ズッキーニ 1個
玉ねぎ 1個
スティックセニョール 150g
(やまぼこ農園でもおなじみ。しかし夏野菜ではありません。)
しょうが 1/5個
にんにく 1/4個
冷凍イカ(ボイル) 200g

市販のカレールー 2~3かけ
粉末鶏がらだし 15~20g


サラダ油
ケチャップ
しょうゆ



<つくりかた>
1.玉ねぎはみじん切りに。トマトは、さいの目切りに。
ズッキーニ、パプリカも、さいの目に切る。

2.鍋に油をしいて、にんにく(みじん切り少々)で香りをつける。
玉ねぎを最初は強火、透明になったら弱火で炒める。

3.鍋に油を追加し、ズッキーニ、パプリカをいれかき混ぜながら火を通す。

4.水を入れ、しょうが、鶏がらだし、塩で味を整える。

5.切ったスティックセニョールとトマトを追加し、アクをとる。

6.一旦火を止めてルーを入れてケチャップ、しょうゆなどで味を調整する。

7.弱火でイカを投入し、ひと煮立ちして完成。
お好みで白身魚のフライを添えてもGoodtaste!

<ポイント>
カレーを作る感覚だとホントにカレーになってしまいます。
あくまで汁なのでカレールーは少なめに。
水の分量を考えカレー風味にし、夏野菜本来旨みを味わいましょう。


これで酒田の汁食文化完結ですね?
春・・・孟宗汁
夏・・・「さかたの夏野菜汁」
秋・・・いも煮(旬は今!)
冬・・・寒鱈汁
# by sakatajc_004 | 2010-09-24 17:32
9月11日土曜日

この日は朝からドンヨリ曇り空。

そう、この日は9月公開例会です。

一般市民、観光客を迎えて「食」の名産品でまちを元気にしよう!

というイベントを行いました。

このイベントには酒田青年会議所だけではなく
山形県庄内総合支庁、酒田市農政課、JA庄内みどり青年部、JAそでうら青年部の
皆様と共同で開催しました。


会場設営風景
f0216051_16252977.jpg


さかた祭りで巡行した「やまぼこ」も展示します。
f0216051_16262117.jpg


このときはまだよかった・・・


開会前から来場者もチラホラ見え、開会を今や遅し待っております。

開会。

委員長挨拶。

そのとたん、横から殴りつけるような風雨。

その後もこんな感じでテントから出られません。
f0216051_16321566.jpg


それでも参加協力してくれた団体さまは頑張ってくれました。

JAそでうら青年部さん
f0216051_16334448.jpg

サマーティアラという夏イチゴを使ったジェラートの販売
きゅうりとトマトの無料配布

JA庄内みどり青年部さん
f0216051_16352997.jpg

刈屋梨の販売
有機米、米粉うどんなど加工品の販売

庄内総合支庁(食の都庄内)さんと酒田市農政課さんの共同ブース
さかた農産物クイズ
f0216051_1637943.jpg

f0216051_16372733.jpg


つや姫PR
f0216051_16385062.jpg



当酒田青年会議所はこんなメニューを提案してみました。

「さかたの夏野菜汁」です。
f0216051_16413439.jpg


私たちの地域では季節に応じそのとき旬な食材を使い

汁物を食べます。

春・・・孟宗汁(タケノコと油揚げ、ねぎを使い、酒粕が入った味噌の汁です)

秋・・・いも煮(さといもはもちろんですが、庄内地域は豚肉を使い、やはり味噌味です)

冬・・・寒鱈汁(かんだらとネギ、豆腐が入って岩のりの風味がとてもよく温まります)

あれ?

夏がありませんね。

ここに夏が埋まれば、酒田の汁食文化完結です。

そこで考えたのが「さかたの夏野菜汁」です。

夏野菜といえばカレーですよね。

更に旬のイカを投入します。

ほら、ご覧の通り大人気?
f0216051_16515310.jpg


今後はスーパーの野菜売り場でレシピを紹介したり
学校の給食になればいいのですが。


その後の天候も回復の兆しを見せず
暴風雨によってこんなに重い山鉾もこんな姿に
f0216051_16544264.jpg


他にも食育のパネル展示や我々が体験した農作業のレポートなど用意した
ほとんどのプログラムが慣行できませんでした。


イベント自体は大雨でしたが、来ていただいた来場者のみなさまも
楽しんでおられる様子でした。
# by sakatajc_004 | 2010-09-24 17:02

やまぼこ農園通信Vol.10

ここら辺で、収穫のしかたをお知らせします。


こんなに虫が食ってる作物、ホント人間が食えるのー?

という声が聞こえてきそうですが

ジュブ委員長宅の食卓はヘヴィーローテ???のようです。

もちろんわたしも食べました。

我々が上手いと思う作物は虫にとっても上手いようで・・・

しかしながら、よーくよーーーく洗わないと

茹で上がったアオムシが浮いてきます。(実証済みですがモザイクが必要です。)



では。

①まずはおいしそうなセニョーリータを物色します。
f0216051_17381024.jpg


②このくらいの位置で折り曲げます。結構テキトーに。食べたいところから曲げてね。
f0216051_17391593.jpg


③パキッっと折れます。
f0216051_174052.jpg

こんな感じになります。

④余計な葉っぱをむしり取ります。
f0216051_1741769.jpg


こんな感じに花が咲くまで成長したセニョリータ殿はあんまり美味しくないようです。
f0216051_17421048.jpg

でも、一応持って帰ります。


次なる天敵は収穫しようと手を伸ばすと一斉に飛び散ります。
蛾の一種でしょうか?
f0216051_1742404.jpg

分かりますか?
おそらくこいつが花蕾を黒くさせているのだ。と勝手に解釈しています。


さて、次に「やまぼこ農園Annex」の様子です。

だいぶ大きくなりました。

各苗に支柱を装備し、彼ら成長を支えます。

①パプリカ
f0216051_17473051.jpg

わき芽を摘み取らなきゃ。

②キュウリ
f0216051_17503998.jpg

1番果を取らないといけないの?

③トマト
f0216051_17515520.jpg

そろそろ肥料をやらなきゃ。

④枝豆
f0216051_17525091.jpg

残った苗が数本。元肥が足りなかったのでしょうか?がんばれ。

こちらにも水撒きお願いしますねー。


次回はスティックセニョールのレシピをお送りする






つもりです。
# by sakatajc_004 | 2010-07-05 18:07

やまぼこ農園通信Vol.09

今日は当番じゃなかったのですが

時間があったので農園に来てみました。


というのも、日本VSデンマーク終了後、今から寝るから会社に行けば~

と言う人が居たので追い出され、それでも気分が高揚しながら来てしまいました。


先日のレポートではスティックセニョールに付いたアオムシについてお知らせしましたが

よーく見てみると相変わらず葉に穴は開いているものの

アオムシ自体の数は減っている様子。

殺虫剤の効果があったみたいです。
f0216051_1445723.jpg



金時いもの方は特に問題無いようですが、雑草が目立ちます。
f0216051_14573557.jpg




スティックセニョール苗の植え付けから約4週間経ちました。

だいぶ側花蕾(そくからい)※つまり食べるところ※が成長してきたので

とっちゃお。ということになり、収穫しちゃいました。
f0216051_14484518.jpg


f0216051_1449180.jpg

まだ虫がついているので洗って食べてくださいねー。ジュブイインチョ。

f0216051_14502561.jpg

今回はこれぐらいにしておきます。
どんどん脇から側花蕾がでてきますので、そのままにしておかず取っちゃってください。

茎の部分を曲げてやるとポキッと折れるのでハサミはいりませんヨー。

慣れてくると気持ちよくなってきます。



あっそう、水やり忘れてませんか?追加した作物へ。

カラカラのヘトヘトです。
f0216051_1456221.jpg

# by sakatajc_004 | 2010-06-25 15:00

やまぼこ農園通信Vol.08

本日は農作業体験の3回目でした。

スティックセニョールと金時いもの植え付けから約3週間。

1日も休むことなく?水やリのおかげでこんなに成長しました。
f0216051_1423043.jpg

しかし、立ち尽くすジュブ委員長


その訳は前回の更新報告にもあったあれです。
f0216051_14241069.jpg



若葉までやられると辛いです。
f0216051_1425413.jpg



うんち?をするアオムシ王
f0216051_14415554.jpg



で、結局こうなります。
f0216051_14253227.jpg

殺虫剤を投入するはめになりました。
コテツフロアブル 2000倍に薄めて投与。


ついでに追肥も
f0216051_14271159.jpg


f0216051_14275390.jpg

施肥機を使いこなす少年。



早起きなおじさんたちへは
f0216051_1429519.jpg

大人肥料。ご馳走様です。





保険として新たな作物を植えます。
f0216051_14342716.jpg

耕す運営幹事


f0216051_14345075.jpg

植える青年


f0216051_14352927.jpg

庄内5号(枝豆)128株。比較的遅い時期に植える品種


f0216051_14361448.jpg

キウリ天王様(きゅうり)20株。副委員長コメントください


f0216051_14371122.jpg

トヨタ・パブリカ。もといパプリカ20株。作付けは遊佐町が盛ん。


f0216051_14381844.jpg

トマト20株。特に由来無し。でも簡単そうなので。しかもみんな好きでしょ。



最後に水をまいて終了。




忘れてました。常時勤務してくれるメンバーを紹介します。
f0216051_14441699.jpg

かとぅーんの新メンバー


f0216051_14451637.jpg

イシハラ軍団の新人


しっかり見守っててくださいね。



すっかり梅雨らしくなり、なお害虫も心配です。

無農薬だの簡単に口にするものでは無いことと
我々が普段、いかにカタチ整った野菜を買い選び、食べているのだ。
という実感を改めてしたのでした。


引き続き管理お願いします。


P.S
ちびっ子カメラマン。良い出来でしたよ。
写真、使わせていただきました。ありがとう。
# by sakatajc_004 | 2010-06-19 14:57